5月10日(月) 
高松から関空へは、バスで移動。午前5時台発のバスの運転手さんはいつも同じ人で、しゃべり方が中川家がものまねをする車掌にそっくり(あ、逆か)。ちなみに顔も弟の方に似ていて、何だかおかしい。
途中、事故のため、高速を迂回して、関空へ。30分ほど遅れたので、急いでチェックイン。免税店を横目に、駆け足で飛行機に乗り込み、なんとか間に合った。
今回の機内映画は、「ラブ・アクチュアリー」。まだ公開されいない映画を見るのが、楽しみだったりするのに、KLMでは最近、1本はすでに上映済みの作品だったりするので、ちょっとがっかり。楽しさ半減、ってやつである。
(←今日のフルーツはラズベリー!ホテルにて。)



  
5月11日(火) 
昨日は、定刻どおり、無事アムステルダムに到着。スキポール空港から、そのまま電車に乗って、ブリュッセルへ。思ったより暖かかった昨日とは一転して、今日は肌寒い。この時期、ヒーターをつけるなんて珍しい!と、ホテルの人が言っていたくらいだった。
小雨の中、早速、ジュ・ド・バル広場の蚤の市へ。ここは、朝〜昼すぎまで毎日蚤の市が開かれていて、意外と掘り出しモノが多く、お気に入りのひとつ。が、今日の収穫は今ひとつ。ただ、ひよこのおもちゃだけは別!見た目より、結構大きく重かったので、持って帰れなかったけど。それにしても、かわいすぎじゃないの??


  
5月12日(水) 
結局、昨日は蚤の市の後、古本屋さんをまわった。こちらの方は、たくさんいいものが見つかったので、ホクホク。あ〜、早くサイトで紹介したい!!
で、今日も、蚤の市を覗いた後(今日は収穫アリ!)、ちょっと足を延ばして、郊外へ古本探しに出る。この途中、電車でたまたま向かい合わせに座ったおじいさんと話していたら、日本語を勉強し始めた、とのこと。御年80歳は優に超えているはず。今だ英語も話せない、ぐーたらな私。見習わねば・・・。
と、左の写真、ジュ・ド・バルの蚤の市、かと思いきや、レンガの色が、上のと違うのに気がついた。これ、どこだ??
ところで、実は、この桶、内側にヒヨコの絵が!


   5月13日(木) 
結局、ブリュッセルでは、たくさんの絵本が見つかって、ホッと一安心。出発前は、期待半分・不安半分、といった感じで、内心落ちつかないのだけれど、こうやっていい出会いがあると、その分何倍も嬉しかったりする。
今朝は、郵便局でもすんなり荷物が送れたし、のんびりとホテルで朝食をとることに。ふとしたきっかけで、隣のテーブルにいた、ドイツ在住のジャーナリストの方と話をすることになった。アフリカでの言葉や文化の違う人たちとのコミュニケーションなど、私にとって、とても興味深い話ばかり。ドイツに来た際には連絡して、と名刺をいただく。
その後、天気が良かったので、ブリュッセルの街を散策。ふと空を見上げると、葉の色と太陽の光が目にはいる。自分が一瞬、どこにいるのか、わからなくなった。

Copyright(C)2004-2010 Skip*Fly all rights reserved