「今まで何気なく見す過ごしていた景色も、よく見てみると、また何か新しい発見があるの。」
ゲントで生まれ育ったある女性から、こんな話を聞きました。
前回の買付けで初めて訪れたゲントは、中世の面影を色濃く残している、ベルギーの小さな街。中心部の旧市街には、今でも、古い建物がたくさん立ち並び、その合間を縫うように、細い街路や運河が通っています。ここに住んでいる人たちでさえ、まだまだ興味がつきないという町並みは、短期滞在者の私にとって、とても新鮮に映りました。時間があれば、街を散策し、何気ない風景に足を止めてしまう・・・。 というわけで、今回もここを拠点にベルギーでの買付けをすることにしました。 2週間の滞在ということもあって、スーパーで買い物をしたり、トラムに乗って出掛けたり。そんな毎日の、ちょっとしたゲントでの生活を通じて、前回とはまた違った街の顔をみることができました。
そこで今回は、ゲントでの食アルバム(ガイド付き)と、宿(また、です)について、書いてみることにしました。ほんと、興味の対象は、衣・食・住って感じなのですが・・・。
ゲントへ旅行にいく方にとって、少し参考になるかもしれません!?

Copyright(C)2003-2010 Skip*Fly all rights reserved