DDRの食器の中でも、遭遇する確率が高いのが、KAHLAとこのCP。
 一見すると、チェコの食器のような柄なのですが、れっきとしたCP社製。
 刻印には、「made in Germany」としか書かれていないので、東西統一後、
 形そのまま、作られたものかもしれませんね。
 薄手の陶器でできた、ちょっと上品な雰囲気の食器です。

 *この商品は、ゆうぱっくでのお届けとなります。
 *こちらの食器をすべてお買い上げいただいた場合、下記のセット価格
   となります(但し、ショッピングカート上では、セット価格が反映されない
   ため、後日、改めて正しい金額をご連絡させていただきます)。
商品番号 kitchen46
商品名 ドイツ・CPの食器 ( グレー )
商品価格 \1,890 ( カップ ) / \4,830 ( ポット )
\6,390 (セット価格 )
< いずれも税込み >
在庫数 各1→0
コンディション ポットに、製造時にできた黒い小さな斑点アリ。
また、経年上の汚れや細かなキズなど多少
ありますが、欠けなどなく、コンディションは
かなり良好です。
サイズ 直径7 × 高さ7cm / 105g (カップ)
直径9.5 × 高さ11cm(フタ含まず)/ 515g
(ポット)
年代 1950-90年代
原産国 ドイツ