一見すると、東ドイツの食器。
            でも、意外にもこれ、ドイツのコーヒーメーカー「Melitta(メリタ)」が作ったものなのです。
            ハンドペインティングを思わせる模様に、メリタの幅の広さを見た!?
            白の陶器に、青の濃淡で描いた植物柄が映えますね。
            オーソドックスな陶器の色の組み合わせなので、活用頻度も増えそう!
 
 蓋付きなので、作った料理を保存するのにも使えますよ
(カーソルを合わせると、上から撮影した画像が見れます)
       海草、ではありません、念のため
  (カーソルを合わせると、他の柄の写真が見れます)
 
   プレートにも、ぐるり一面、柄が描かれています
  (カーソルを合わせると、模様の写真が見れます)
  カーソルを合わせると、別の柄の画像が見れます。
  そ、それにしても、この模様を気に入ったのは、
  わ、私だけではない、ハズ!?
商品番号 kitchen183
商品名 ドイツ・Melittaの食器たち
商品価格 \2,420 ( プレート ) / \5,250 ( 陶器のキャセロール ) / いずれも税込み
在庫数 各1 → 0
サイズ 直径19.7×高さ2cm・275g ( プレート )
直径18.3×高さ9.2(蓋含まず)cm・1,230g ( 陶器のキャセロール )
製造年 1960-80年代
原産国 ドイツ
コンディション 刻印にキズ有り
他、経年上の汚れや細かいキズなども少なく、非常にきれいな状態です
発送方法 ゆうパックのみ 
ご注文の前に・・・ *shopping guideをご一読いただき、同意いただいた上で、ご注文ください
*この雑貨の詳細と合わせまして、何かご不明な点などございましたら、
  必ず、ご注文の前にお問い合わせいただきますよう、よろしくお願い致します
*当ショップで販売している雑貨は、すべて、個人で使用するためのものであり、
  転売目的での購入は、固くお断り致します
カートの中身を見る
東ドイツのカップ&ソーサー ハンガリーのホーロードットマグ