アメリカのジャーナリスト、ジョーエル・チャンドラー・ハリスが書いた
 「リーマスじいやの物語」のハンガリー語版。
 黒人たちの間で語り継がれていた動物寓話を、黒人のリーマスおじさん
 が、白人の子供に語り聞かせるという設定です。
1880年に単行本化され
 ました(日本でも邦題「ウサギどんキツネどん」として出版)。
 ウサギ=黒人、キツネ=白人、を表しており、そのことを踏まえながら
 イラストを眺めてみると非常に興味深いです。
 レイク・カーロイらしい、子どものラクガキのようなイラストではなく、黒
 1色、リアルで躍動感溢れるイラストに仕上がっています。
商品番号 book84
商品名 レイク・カーロイの子どもの本
< remusz bacsi mesei >
商品価格 \2,520 (税込み)
在庫数 1→0
コンディション 経年上のヤケや汚れなど多少はありますが、ラクガキなど目立った欠点はなく、コンディ
ションはかなり良好です!
サイズ・ページ数 22 × 14.5cm / 254p / 295g
出版 1989年 (1963年度初版)
テキスト ハンガリー語
作・画 Joel Chandler Hariis / Reich karoly