「ぞうさん、これから何をしよう?」
           レイク・カーロイが挿絵を手がけた、ひとの役に立ちたいゾウのお話です。
           ウサギやキツネなど、彼の絵本に登場するおなじみの動物たちも、ゾウの
           脇をしっかり固めています。
           2歳児向けなので、文字が少なく、カラフルなイラストが紙面いっぱいに描かれている
           のが嬉しい。
       雨が降ったら、大きな耳を広げて、みんなの傘になったぞう
        「雨がやんだら、何をしよう?そうだ、お花に水をあげよう!」
   すやすやと、動物たちが眠るころ、森では大変なことが起きていました
       次の日の朝、動物たちは、ぞうにお礼を言いに来ました。
   昨日、森で何があったのでしょうか?(それは、絵本を見てのお楽しみ!)
商品番号 book281
商品名 レイク・カーロイの絵本 < mi legyen a kiselefant ? >
商品価格 \3,570 ( 税込み )
在庫数 1 → 0
サイズ 23 × 15cm / 14p / 185g ( 薄手のボードブック・すべてのページにカラーイラスト )
Reich Karoly
出版年 1981年 ( 初版本 )
テキスト ハンガリー語
コンディション 経年上の汚れやヤケ、擦れなどありますが、ラクガキや破れなど目立った欠損箇所はなく、
コンディションは良好です
発送方法 ゆうメール / EXPACK
ご注文の前に・・・ *shopping guideをご一読いただき、同意いただいた上で、ご注文ください
*この雑貨の詳細と合わせまして、何かご不明な点などございましたら、
  必ず、ご注文の前にお問い合わせいただきますよう、よろしくお願い致します
*当ショップで販売している雑貨は、すべて、個人で使用するためのものであり、
  転売目的での購入は、固くお断り致します
カートの中身を見る
ズデネック・ミレルのもぐらのクルテク ポーランドの絵本 皆既日食を題材にしたロシアの絵本 チェコの絵本